iOS11.1

iOSが11.1へとアップデートされました。
70種類以上の絵文字の追加とバグアップデートが主な内容とのことですが、今回はバグアップデートが重要なようで問題となっていた稼働時間問題が修正されているようです。
最新機種では最大4時間も稼働時間が延びたとか。

また、3D touchを利用したアプリスイッチャーも無事復活、この機能を多用する自分としては非常に助かります(iPhone Xのマルチタップを含む機能の為に一部機能が封印されていた、とのこと)。
また、Assistive touchの項目にカスタムアクションが追加されています。

バッテリーが早く減る早く減ると言われてきたiOS11、やっとバッテリーの持ちが改善しそう(  ˘ω˘ ) -3

スマートフォンのガラスフィルム

スマートフォンは液晶そのものがタッチパネルなので、何かしらの保護が必要です。
最近のガラスは硬度が高く、殆ど傷が付かないとはいえ安心感の為にも貼りたいと思う人は多いのではないでしょうか。
自分はあまりフィルムを貼りたくないタイプなのですが、暫く使っているとなんだかんだ傷がついてきてフィルムを貼りたくなります。

さて、透明度や感触を考えるとガラスフィルムが良いと思うのですが量販店等で売っているものはあまりにも高いと感じることが多いです。
そこで最近見つけたオススメのメーカーがあったのでメモ代わりにblogに書き残しておこうと思います。

それがこれ、DOSMUNGのガラスフィルムです。

日本だとAmazon限定で販売しているようですが、2枚で699円と日本製の1枚数千円のガラスフィルムに比べて1/5程度の価格で購入できます。

梱包もしっかりしています。


画面洗浄用のアルコール、拭き取り用の布、ホコリ取り用のシールもちゃんと付属。

実際に貼っても問題ないです。
ガラスの品質も特に問題があるようには思えませんし、良い商品だと思います。

他にもiPad用のガラスフィルム、Switch用、Galaxy用など様々な商品があります。
ストックしておいても良い商品だと思います( ´▽`)

ドキュメントスキャナ

仕事で名刺や書類をスキャンし、パソコン等に保存する必要がある機会がある人は多いと思いますが、ドキュメントスキャナが如何に小さくなったとはいえ持ち歩くのは辛いものがあります。

そこで、最近自分が使っているアプリがとても便利です。
AdobeのAdobe Scanなのですが、若干傾いていても書類を自動認識してPDF化してくれます。
勿論複数ページもOK、共有方法もメールや各種オンラインストレージにアップロードも可です。
素晴らしいのは、その場でOCRを掛けるので即文字検索が出来ることです。つまりテキストのコピペも出来ます。

名刺の整理にも効果を発揮するし、レシートや領収書の整理にも便利。
iOS、Android共に対応しているので、気になる人はチェックしてみると良いかも( ´▽`)

Adobe Scan

Adobe Scan
開発元:Adobe
無料
posted with アプリーチ

MacでAndroid端末をUSBテザリングする方法

先日仕事の都合から2台目の回線端末を用意する事になったのですが、どうせならAndroidにしようと思い、値段も手頃だったHuaweiのP8 liteにしました。
モバイルルーターを兼ねて貰おうと思い、まあWiFiでも良いのですが個人的にはデータのロスを出来るだけ抑えたいのでUSB接続でデザリングしようと思いました。

が、出来ない。

何でや、何でや……( ´・ω・`)
説明書にはUSBで有線接続すればそのままルーターになるって書いてあるのに何でや……
設定でもUSBテザリングをオンにしてるのに何故……

と暫く頭を悩ませていたのですが、考えてみればMac側にドライバがないのでは……と思いつきネットの情報をさらってみたら果たしてその通り、ドライバを導入しなければMacはAndroid機器でUSBテザリング出来ないとのこと。
開発者オプションにRNDISの項目があるンだから、そこからドライバ入れろよともっと早く気付くべきでした。

と言うわけで早速ドライバを導入。
Joshua WiseさんのサイトからHoRNDISをダウンロードしてインストール、Macを再起動してUSB接続すると……
無事認識されました( ´▽`)

元々使っているiPhoneでテザリングしても良いのですが、回線は複数合った方が安心ですし、そもそも使えるはずの機能が使えないってのはシャクですw
いやいや、良かった良かった(*´ v `)

あ、Windowsはデフォルトでドライバが入ってます。
XPは入って無いそうですが、今更要らないと思うので説明は省かんとす。

Windows10のログイン音の変更

Windows10 のFall Creators Update(1709)が来ました。
VR関連を強化したアップデートみたいですが、細かい調整等もされてるみたいで、Windowsマシンの方に早速入れてみましたが、とりあえず問題無く動作してます。
個人的にはGPUの使用率とかも見られるようになったのが地味に良いです(*´ v `)))

さて、それはともかくWindows10のログイン、ログアウト音が変えたくなりました。
自分が一番好きなログイン音は2000のものなのでそれに変更しようと思ったのですが、サウンドの項目にWindowsログインログオフの項目がありません( ´・ω・`)

少し調べてみたところ、どうやらレジストリを弄れば表示されるようです。
HKEY_CURRENT_USER¥AppEvents¥EventLabelsにあるWindowsLogonとWindowsLogoffにあるExcludeFromCPLの値のデータを1から0に変更すれば表示されます。

これこの通り。
後は自分の好きなサウンドのwavファイルを用意し、設定すればOKです( ・v・)-3

レジストリを弄るのは自己責任で。

中秋の名月


また間があいてしまった……

この1月半の間に色んな事がありました……
引っ越したら一軒家になってたり、仕事部屋が馬鹿みたいに広くなったり、気付けば面白いところから仕事が来たり。
まあ色々ありました、引っ越しの片付け棚をあと2つ作らなきゃ入らないけど( ´・ω・`)

とりあえず昨日の中秋の名月の写真を上げて誤魔化しておかんとす。

あらわしについて書きました

mitokさんにまた記事を書かせて頂きました。

今回はサマーウォーズのあらわしについて書いてます。

「サマーウォーズの「あらわし」衝突エネルギーを計算してみたら……陣内家はどうやっても全滅不可避?」
http://mitok.info/?p=98365

再突入体が殺る気勢過ぎるンですよね、アレw

MBPの容量不足解決

随分と間が空いてしまいました。
忙しかったとはいえ、テキストを定期的に書かないのはやはりイカンですな……色々問題が。
まずは夏コミ、ろくに告知してもいないというのに無事完売(?)致しました。
ありがとうございました(ローリング土下座

さて、移動しつつ作業が出来て入稿も今回MBPでやったのですがいかんせんSSDを128GBで買ってしまったもので容量が足りなくなりました。
いい加減USBメモリを刺したり抜いたりしまくるのも面倒なのであまり使わないSDカードリーダーを活用することにしました。

今回チョイスしたのは8MobilityのiSliceです。

http://8mobility.com/index.html

microSDを差し込んでデータドライブとして活用する為のアダプタです。
今回はSanDiskの128GBが安かったので128GBとしました、256GBのはまだまだ高いですし……( ´・ω・`)

実際に本体に差し込んだものがこちら、良い感じにフィットしてます。
刺しっぱなしにして持ち運び出来るのはやはり良いものですね、コレ。

一応、SDカードがパチモンでないかとか不良品でないか確認する為に、CrystalDiskMarkのMac版とも言えるAmorphousDiskMarkで測定してみました。
謳い文句通り90MBで読み出しが出来ているので問題無さそうです( ´▽`)

mitokに記事が掲載されました

mitokさんに記事が掲載されました。
今回はアンパンマンのアンパンチのエネルギーがどれくらいのものなのか思考実験してみました。

「アンパンマンのパンチ力を計算してみたら……お仕置きどころのレベルじゃなかった!」

反響が良くない場合は直ぐに企画終了みたいなので、是非読んでTwitterでRTしたりFacebookでシェアしたりしてください……どうか……お願い致します……(土下座

Photoshop CS6のトラブル

CCにする意味を感じていないので長らくCS6を愛用しているのですが、El Capitan上でPhotoshop CS6を使用する際に微妙に止まったり(特に画像書き出しの際)、Wacomのタブレットを使用しているとショートカットの反応が怪しくなる事があるのは古いアプリケーションなので仕方ないと思っていました。
ところが、簡単に解決する手段があったと今更知ったので覚書を兼ねてまとめておかんとす。

まずは後者の問題、英語入力をUSにするだけで解決すると一応以前から分かっていたのですがそれでも希にショートカットが怪しくなることがあります。
そこで対応策として登場するのがWhiteWindowWorkaround.pluginです。

https://helpx.adobe.com/jp/photoshop/kb/cq03060049.html

Adobeの公式プラグインです。
DL、解凍し、Macintosh HD/App/Adobe Photoshop CS6/Plug-insのフォルダへ放り込むだけです。

次に前者の問題。
これもAdobeが解決用プラグインを提供しています、OSXCompatibility.pluginです。

https://helpx.adobe.com/jp/photoshop/kb/cq10051645.html

これも前者と同様にプラグインフォルダへ放り込むだけです。
更に、

Photoshopの環境設定→パフォーマンス→グラフィックプロセッサーの詳細設定で描画モードを標準か基本とし、OpenCLの使用のチェックを外すと相当快適になります。

まだ暫くPhotoshop CS6を使い倒したいという人はいると思いますが色々とやれることをやって快適に使っていきたいものですにゃー( ´▽`)

日記のような雑記