「Photoshop」カテゴリーアーカイブ

APFSとCS6の諸問題

主にPhotoshop CS6との問題なのですが、Photoshop CS6はどうやらAPFSのドライブを認識出来ないようです。

つまり、High Sierraの恩恵が受け辛いと言えます。
しかしHDDの場合はAPFSではなく以前からのMac OS拡張でフォーマットされるので、問題無く仮想記憶ディスクとして使用出来ます(上の画像はSSDのMBPのもの)。

しかし、Illustratorは別です。
何故かAPFSのドライブを認識し、仮想記憶ディスクとして使用出来ます。

同じAdobeでも開発チームが違うので、イラレはその辺りの融通が利くといったところでしょうか。

まあCS6もいい加減古くなってきているので、そのあたりは仕方の無いところでしょうかね( ´・ω・`)
とはいえ、こういう問題を頭使って解決していくのが好きなのもまた問題w

【追記有】High SierraでのPhotoshop CS6トラブル解決方法

High SierraにアップデートしたことでPhotoshop CS6で幾つか問題が起きました。
まずはGPUを利用したスムージングの表示異常、Web書き出し時に表示され続けPhotoshopを再起動しないと消えないポップ。

原因はおそらくHigh SierraのGPU仕様変更でしょう。
MetalがMetal2に進化したことで駄目になったものと思われます。

解決手段は無いかと思い悩んでいましたが、考えてみればGPUを利用しなければ良いのです。
という訳で、早速環境設定から直してしまいます。

グラフィックプロセッサーの設定からチェックボックスを外すだけです。
一応詳細設定からどうにか出来ないかと弄り倒してみましたが、METAL2は最早Photoshop CS6には対応していないのでどうしようもないようです。
GPUを使わないことでスムージング等は利用出来なくなりますが、トラブルが起き続けるよりは良いでしょう( ´・ω・`)

【追記】
どうもAppleはRadeonとの最適化を進めているのか、AMD製GPU搭載のMacではこの設定無しでトラブルが出なくなっていました。
考えてみればiMac Proに搭載されるGPUもVegaですし、そっちに舵切りをしたいのかもしれませんね。

Photoshop CS6のトラブル

CCにする意味を感じていないので長らくCS6を愛用しているのですが、El Capitan上でPhotoshop CS6を使用する際に微妙に止まったり(特に画像書き出しの際)、Wacomのタブレットを使用しているとショートカットの反応が怪しくなる事があるのは古いアプリケーションなので仕方ないと思っていました。
ところが、簡単に解決する手段があったと今更知ったので覚書を兼ねてまとめておかんとす。

まずは後者の問題、英語入力をUSにするだけで解決すると一応以前から分かっていたのですがそれでも希にショートカットが怪しくなることがあります。
そこで対応策として登場するのがWhiteWindowWorkaround.pluginです。

https://helpx.adobe.com/jp/photoshop/kb/cq03060049.html

Adobeの公式プラグインです。
DL、解凍し、Macintosh HD/App/Adobe Photoshop CS6/Plug-insのフォルダへ放り込むだけです。

次に前者の問題。
これもAdobeが解決用プラグインを提供しています、OSXCompatibility.pluginです。

https://helpx.adobe.com/jp/photoshop/kb/cq10051645.html

これも前者と同様にプラグインフォルダへ放り込むだけです。
更に、

Photoshopの環境設定→パフォーマンス→グラフィックプロセッサーの詳細設定で描画モードを標準か基本とし、OpenCLの使用のチェックを外すと相当快適になります。

まだ暫くPhotoshop CS6を使い倒したいという人はいると思いますが色々とやれることをやって快適に使っていきたいものですにゃー( ´▽`)