「iPad」カテゴリーアーカイブ

サイバーアタックと

インターネットは最早生活から切り離せないものとなり、それを利用したサービスも数多くリリースされています。
スマートフォンが普及したことでそれはより身近なものとなり、最早スマートフォンは生活必需品の一つになったとも言えます。

さて、そんな中問題として切り離せないものはサイバーアタック(ハッキング等)です。
去年から今年にかけ、大問題となっている仮想通貨取引所へのアタックは目にしたことのある人も多いと思いますし、クラウドストレージ、SNSからの流出もよく見ると思います。
アタックの手法も日進月歩、過去のメールやサイトによるアタックからハードウェアそのものからのハック、その他数え切れないものがあります。
それに対する対策も、ウイルス対策ソフトによるもの、ハードウェアによるもの、そもそも実行させない機構をソフト的に、ハード的に組込などこちらも日進月歩であり、いたちごっこです。

そういったリスクについての考え方は以前書いたリスクについての考え方を読んで頂ければ分かると思います。
現在、そういった対策を講じるセキュリティ会社の考えは”最早サイバーアタックは必ず起こるものであり、発生してしまった場合如何に損害を小さくするか”が主な考え方となってきてもいます。
しかし、そもそも悪意ある人間からのアタックによる被害は起きて欲しくないもの。それに対する手段として、”感染してしまっても実行させない”、という手法がメインとなってきています。先述したOS毎切り離す手法、あるいは、内部にウイルス等として存在してしまっても、実行させないようソフト的に対策するなど、様々な方法があります。
丁度今日、Intel製CPUのハイパースレッディングの隙を突いた脆弱性が発表され、最新のCPUですから搭載されているPCも多く、被害の拡大が懸念されます。
しかしこれらはOSやアプリケーションのアップデートで対策出来ることが多く、故にメーカーは常に最新のものにアップデートすることを推奨しているのです。アップデートのされない機器は感染しますし、周辺への感染源となります。

最近のアタック手法として、分割型ウイルス、あるいはローカルのマシンにコンパイルさせることでファイアウォールをすり抜けるタイプ、OSのカーネルに存在する実行ファイルに偽装するタイプなど、ハッカー側の進化も凄まじいものがあります。
PCでもセキュリティソフトを入れているから大丈夫、スマホだから大丈夫ということはありえません。
自分自身の情報を守るため、周囲の人間や社会に迷惑を掛けないためにも、ハードウェアは数年に一度の買い換え(そもそも耐久消耗品ですし)、アップデートが発表された際にはきちんと適用するなど、サイバーセキュリティには気をつけるようにしたいものです。
勿論、アプリケーションのアップデートも忘れずに。

mojaveとiOS12と

macOS Mojaveが公開されたので早速MBPをアップデート、一週間ほど使ってみたので雑感などまとめです。

■アプリケーション周りの互換性
自分が使っているアプリケーションに関しては特に問題無いです。基本的には全て64bitアプリケーションへ移行しているので、特に問題無さそう……

■OSの安定性
アップデートしてまだ1週間目としての感想ですが、ぶっちゃけHigh Sierraよりも安定している気が……

■ダークモード
最高オブ最高、なんでもっと早く導入しなかったのとひっぱたきたいレベル。サードパーティーのアプリが、ガンガン対応していって欲しい。Skype、Tweetbot、あたりは以前から対応してるのもありますけど、数日前にTelegramが対応してくれて大変良い感じに。兎に角テキスト周りが見やすくて助かります。

iOS12

もうコレiOSのアップデートに対応している人は全員上げた方が良いレベル。
ゲームが動かない……????知らん(笑
特にiPadの人間、これは本当にオススメ。

・スペースキーの長押しでカーソルキーになるの、本当に便利。
・コントロールセンター右上からスライドして引っ張り出せるようになったので、アプリ切り替えとダブらなくてミスが減る。
・指三本の左右スライドでアプリケーションが切り替えられるの、良い感じ。

みたいな感じでしょうかね。
取りあえず今後も良い感じの機能とかに気付いたら追加していく所存。

6th iPad

父が仕事を定年退職しネット閲覧用にタブレット端末を欲しいからと、今まで自分が使っていたZenPadを譲る事にしました。

そういう自分はApple Pencilに対応した第六世代iPadを買うことに。
イラストやデザインのラフを何処でも切れるようになりますし、暫く離れていたiOSタブレットの面白さも堪能したいところです。
何より、安い(笑)。正直、最近いまいちなAndroidタブレット関係を一掃してしまうのではないかと思うレベルの安さです。

とりあえず一晩ですが、使ってみた雑感。
Split viewマジ便利
PIP最高
Apple Pencilは神
・クラウド上のデータと連携させてアプリを使えば容量32GBで十分
・カメラと音楽はiPhoneに任せておけ
・キーボードはMac用のやつが超使い易い
Apple Pencilのペアリング面倒
・テキスト仕事、イラストのラフやデザインのラフはもうこれだけあれば十分気味

こんなところですが、数年ぶりにiOSタブレットに戻ってきてみて、使い勝手の進化に吃驚です。
クラウドとアプリの連携がここまで進化していると、ローカルの容量をあまり増やすことの意味がわからなくなってきます。
ネット回線の速度が確保出来れば、ですが(笑

iOS11.1

iOSが11.1へとアップデートされました。
70種類以上の絵文字の追加とバグアップデートが主な内容とのことですが、今回はバグアップデートが重要なようで問題となっていた稼働時間問題が修正されているようです。
最新機種では最大4時間も稼働時間が延びたとか。

また、3D touchを利用したアプリスイッチャーも無事復活、この機能を多用する自分としては非常に助かります(iPhone Xのマルチタップを含む機能の為に一部機能が封印されていた、とのこと)。
また、Assistive touchの項目にカスタムアクションが追加されています。

バッテリーが早く減る早く減ると言われてきたiOS11、やっとバッテリーの持ちが改善しそう(  ˘ω˘ ) -3

スマートフォンのガラスフィルム

スマートフォンは液晶そのものがタッチパネルなので、何かしらの保護が必要です。
最近のガラスは硬度が高く、殆ど傷が付かないとはいえ安心感の為にも貼りたいと思う人は多いのではないでしょうか。
自分はあまりフィルムを貼りたくないタイプなのですが、暫く使っているとなんだかんだ傷がついてきてフィルムを貼りたくなります。

さて、透明度や感触を考えるとガラスフィルムが良いと思うのですが量販店等で売っているものはあまりにも高いと感じることが多いです。
そこで最近見つけたオススメのメーカーがあったのでメモ代わりにblogに書き残しておこうと思います。

それがこれ、DOSMUNGのガラスフィルムです。

日本だとAmazon限定で販売しているようですが、2枚で699円と日本製の1枚数千円のガラスフィルムに比べて1/5程度の価格で購入できます。

梱包もしっかりしています。


画面洗浄用のアルコール、拭き取り用の布、ホコリ取り用のシールもちゃんと付属。

実際に貼っても問題ないです。
ガラスの品質も特に問題があるようには思えませんし、良い商品だと思います。

他にもiPad用のガラスフィルム、Switch用、Galaxy用など様々な商品があります。
ストックしておいても良い商品だと思います( ´▽`)

10.3

iOSが更新されて10.3になりました。
今回からファイルシステムがAPFSとなり、20年ぶりにファイルシステムが更新された形になります。
Mac OS 8.1から連綿と使われてきたHFS+に別れを告げ、現代的なものへと置き換わりました。
HFS+は30年前に開発されたHFSがベースのシステムですし、現代のSSDを中心とした半導体素子には相応しくないため、今回の入れ替えになったものと思われます。
詳しくは以下のWWDCの動画を参照してください。

https://developer.apple.com/videos/play/wwdc2016/701/

OSの更新は放置している人も多いですし、今回はシステムの根幹に関わる更新も含まれているのでPCでバックアップを取ってから更新する方が良いかと思います。

早速使ってみた感想として、APFSの効果が現れているのかアプリの起動や切り替えが早くなった感じがします。
また、iMessageのバグが修正されていて良かったです( ´▽`)

細々としたバグはまだありそうですが、クリティカルなものはすぐ修正されるでしょうし、アップデートしても良いかと思います。

自転車のナビゲーション

最近はリハビリを兼ねて兎に角自転車で移動するようにしています。
今日も自転車で移動したンですが、行ったことのない場所は流石に分からないのでナビゲーションアプリを使っていて、最近はGoogle Mapsと自転車NAVITIMEを使っています。

が、どちらのアプリも一長一短。
例えばGoogle Maps
gmGoogleが開発しているアプリで、利用料も無料。
周辺の情報にも溢れ、自動車や歩行にも利用出来ます。
gm_01夜間には色が変わる、到着予想時刻、ルートに有料道路を使う使わない、混雑状況の表示等の各種設定などの工夫も良い感じです。
しかし、自転車モードがありません。マップのオフライン利用も出来ません(日本のみ)。そこが解決すれば、最高のアプリケーションなンですが……

自転車NAVITIMEはNAVITIME JAPANの開発している自転車専用アプリケーション。
jn自転車向けに距離が短い、坂道が少ない、大通り優先、裏通り優先などの細かい設定が出来ます。
jn_01が、言う必要の無い案内をしたりするのが問題です。それと、やや不安定な傾向にあります(自分の感想ですが)。
また、Google Mapsでは表示される道路の混雑状況が表示されません。自転車は道路交通法で原則として車道を走行しなければならない以上、道路状況も表示して欲しいところです。

どちらも良く出来たアプリなのですが、完璧とは言えません。
より良いアプリに進化して欲しいものです。

進化するiCloud

icloudiOS製品等の新しい商品がラインナップされる中、いつの間にかiCloudが刷新されていました。
正確には、Pages、Numbers、KeynoteのBetaの文字が取れて正式稼働しています。

ssicloud知らない方も多いのですが、iCloudにアカウントを持っている人間は全員使うことが出来ます。
使い方は簡単、https://www.icloud.com/へアクセスして、iCloudのID、パスワードを入力するだけ。

ご存じない方の為に説明するなら、PagesはMicrosoftのWord、NumbersはExcel、KeynoteはPower Pointだと思えば良いと思います。
勿論、Office形式で書き出すことも可能。

一般的な使い方であるなら、最早Officeは不要と感じるレベルの出来です。
この機会に、触れてみるのも良いと思います。

ProCamera +

iPhoneのアプリなのですがProCamera +のアップデートがここ最近大変よろしい感じで重宝しています。

個人的にはHDR +とLow Light +の機能が素晴らしいと思います。
どちらも写真を数度撮影し、最適な画像になるよう加工する機能なのですが、HDRは白飛びしてしまう写真を良い感じに加工できますし↓
写真-2016-02-08-20-41-01
L
ow Light +は暗所に置いて丁寧な撮影を行う事が出来ます。
これまでのスマートフォンの撮影だと高感度で行う為ノイズの目立つものとなってしまっていましたが、長時間露光や、Sonyの高級コンデジに見られる複数枚の画像から合成しノイズの少ない綺麗な画像として処理することのできる機能が魅力です↓
写真-2016-02-08-22-39-15
写真-2016-02-08-23-08-15
以上、全てiPhoneで撮影した画像ですが、相当に遊べると思います。
iPhoneでひと段落上の写真を撮りたい方に、オススメです。