「iOS」カテゴリーアーカイブ

サイバーアタックと

インターネットは最早生活から切り離せないものとなり、それを利用したサービスも数多くリリースされています。
スマートフォンが普及したことでそれはより身近なものとなり、最早スマートフォンは生活必需品の一つになったとも言えます。

さて、そんな中問題として切り離せないものはサイバーアタック(ハッキング等)です。
去年から今年にかけ、大問題となっている仮想通貨取引所へのアタックは目にしたことのある人も多いと思いますし、クラウドストレージ、SNSからの流出もよく見ると思います。
アタックの手法も日進月歩、過去のメールやサイトによるアタックからハードウェアそのものからのハック、その他数え切れないものがあります。
それに対する対策も、ウイルス対策ソフトによるもの、ハードウェアによるもの、そもそも実行させない機構をソフト的に、ハード的に組込などこちらも日進月歩であり、いたちごっこです。

そういったリスクについての考え方は以前書いたリスクについての考え方を読んで頂ければ分かると思います。
現在、そういった対策を講じるセキュリティ会社の考えは”最早サイバーアタックは必ず起こるものであり、発生してしまった場合如何に損害を小さくするか”が主な考え方となってきてもいます。
しかし、そもそも悪意ある人間からのアタックによる被害は起きて欲しくないもの。それに対する手段として、”感染してしまっても実行させない”、という手法がメインとなってきています。先述したOS毎切り離す手法、あるいは、内部にウイルス等として存在してしまっても、実行させないようソフト的に対策するなど、様々な方法があります。
丁度今日、Intel製CPUのハイパースレッディングの隙を突いた脆弱性が発表され、最新のCPUですから搭載されているPCも多く、被害の拡大が懸念されます。
しかしこれらはOSやアプリケーションのアップデートで対策出来ることが多く、故にメーカーは常に最新のものにアップデートすることを推奨しているのです。アップデートのされない機器は感染しますし、周辺への感染源となります。

最近のアタック手法として、分割型ウイルス、あるいはローカルのマシンにコンパイルさせることでファイアウォールをすり抜けるタイプ、OSのカーネルに存在する実行ファイルに偽装するタイプなど、ハッカー側の進化も凄まじいものがあります。
PCでもセキュリティソフトを入れているから大丈夫、スマホだから大丈夫ということはありえません。
自分自身の情報を守るため、周囲の人間や社会に迷惑を掛けないためにも、ハードウェアは数年に一度の買い換え(そもそも耐久消耗品ですし)、アップデートが発表された際にはきちんと適用するなど、サイバーセキュリティには気をつけるようにしたいものです。
勿論、アプリケーションのアップデートも忘れずに。

mojaveとiOS12と

macOS Mojaveが公開されたので早速MBPをアップデート、一週間ほど使ってみたので雑感などまとめです。

■アプリケーション周りの互換性
自分が使っているアプリケーションに関しては特に問題無いです。基本的には全て64bitアプリケーションへ移行しているので、特に問題無さそう……

■OSの安定性
アップデートしてまだ1週間目としての感想ですが、ぶっちゃけHigh Sierraよりも安定している気が……

■ダークモード
最高オブ最高、なんでもっと早く導入しなかったのとひっぱたきたいレベル。サードパーティーのアプリが、ガンガン対応していって欲しい。Skype、Tweetbot、あたりは以前から対応してるのもありますけど、数日前にTelegramが対応してくれて大変良い感じに。兎に角テキスト周りが見やすくて助かります。

iOS12

もうコレiOSのアップデートに対応している人は全員上げた方が良いレベル。
ゲームが動かない……????知らん(笑
特にiPadの人間、これは本当にオススメ。

・スペースキーの長押しでカーソルキーになるの、本当に便利。
・コントロールセンター右上からスライドして引っ張り出せるようになったので、アプリ切り替えとダブらなくてミスが減る。
・指三本の左右スライドでアプリケーションが切り替えられるの、良い感じ。

みたいな感じでしょうかね。
取りあえず今後も良い感じの機能とかに気付いたら追加していく所存。

6th iPad

父が仕事を定年退職しネット閲覧用にタブレット端末を欲しいからと、今まで自分が使っていたZenPadを譲る事にしました。

そういう自分はApple Pencilに対応した第六世代iPadを買うことに。
イラストやデザインのラフを何処でも切れるようになりますし、暫く離れていたiOSタブレットの面白さも堪能したいところです。
何より、安い(笑)。正直、最近いまいちなAndroidタブレット関係を一掃してしまうのではないかと思うレベルの安さです。

とりあえず一晩ですが、使ってみた雑感。
Split viewマジ便利
PIP最高
Apple Pencilは神
・クラウド上のデータと連携させてアプリを使えば容量32GBで十分
・カメラと音楽はiPhoneに任せておけ
・キーボードはMac用のやつが超使い易い
Apple Pencilのペアリング面倒
・テキスト仕事、イラストのラフやデザインのラフはもうこれだけあれば十分気味

こんなところですが、数年ぶりにiOSタブレットに戻ってきてみて、使い勝手の進化に吃驚です。
クラウドとアプリの連携がここまで進化していると、ローカルの容量をあまり増やすことの意味がわからなくなってきます。
ネット回線の速度が確保出来れば、ですが(笑

Wi-Fi設定へ簡単アクセス(iOS / Android)

iOS11ではコントロールセンターでWi-Fiの完全なON/OFFが出来なくなり、不便になったと言う人が一定数います。
Wi-Fiを常にオンしておきたい人は良いかもしれませんが、今まで繋いだことの無い無線を見つけるといちいち繋ぐか確認が来たりして鬱陶しかったり、あるいはWi-Fi環境下でのみすぐONにして使いたい人にはちょっと使い勝手が悪いです。

 

■iOSでは3Dタッチで簡単Wi-Fi設定アクセス

しかし、6s以降のiOSデバイスでは3Dタッチで即Wi-Fi設定へアクセス出来ます(6s、7、8、Xにて確認済)

環境設定アイコンを3Dタッチすると、バッテリー、モバイルデータ通信、Wi-Fi、Bluetoothの項目が出てきます。
ここでWi-Fiをタッチすると、

一発でWi-FiのON/OFFコントロールにアクセス出来ます。

 

■Androidでも同じ事が出来る

iOSがこういう進化してるなら、Androidも同じようなこと出来るだろ、流石に?と思い、手元の端末で確認してみました。
すると、3Dタッチ機能は無いのですが設定アイコンの長押しで……

出て来ました、Wi-Fiへのアクセスアイコンが出てきますのでタップすると……

コチラも一発でアクセス出来ました。
Wi-FiのON/OFFを頻繁に行う人は覚えておいて良いテクニックだと思います。

ただし、Androidのバージョンが古いと出来ない可能性があります。
手元の端末のバージョンは7.1.1なので、これ以降のものは出来ると思いますが、それより古いとなんとも言えません。
確認出来次第追記しようと思います。

iOS11.1

iOSが11.1へとアップデートされました。
70種類以上の絵文字の追加とバグアップデートが主な内容とのことですが、今回はバグアップデートが重要なようで問題となっていた稼働時間問題が修正されているようです。
最新機種では最大4時間も稼働時間が延びたとか。

また、3D touchを利用したアプリスイッチャーも無事復活、この機能を多用する自分としては非常に助かります(iPhone Xのマルチタップを含む機能の為に一部機能が封印されていた、とのこと)。
また、Assistive touchの項目にカスタムアクションが追加されています。

バッテリーが早く減る早く減ると言われてきたiOS11、やっとバッテリーの持ちが改善しそう(  ˘ω˘ ) -3

ドキュメントスキャナ

仕事で名刺や書類をスキャンし、パソコン等に保存する必要がある機会がある人は多いと思いますが、ドキュメントスキャナが如何に小さくなったとはいえ持ち歩くのは辛いものがあります。

そこで、最近自分が使っているアプリがとても便利です。
AdobeのAdobe Scanなのですが、若干傾いていても書類を自動認識してPDF化してくれます。
勿論複数ページもOK、共有方法もメールや各種オンラインストレージにアップロードも可です。
素晴らしいのは、その場でOCRを掛けるので即文字検索が出来ることです。つまりテキストのコピペも出来ます。

名刺の整理にも効果を発揮するし、レシートや領収書の整理にも便利。
iOS、Android共に対応しているので、気になる人はチェックしてみると良いかも( ´▽`)

Adobe Scan

Adobe Scan
開発元:Adobe
無料
posted with アプリーチ

10.3

iOSが更新されて10.3になりました。
今回からファイルシステムがAPFSとなり、20年ぶりにファイルシステムが更新された形になります。
Mac OS 8.1から連綿と使われてきたHFS+に別れを告げ、現代的なものへと置き換わりました。
HFS+は30年前に開発されたHFSがベースのシステムですし、現代のSSDを中心とした半導体素子には相応しくないため、今回の入れ替えになったものと思われます。
詳しくは以下のWWDCの動画を参照してください。

https://developer.apple.com/videos/play/wwdc2016/701/

OSの更新は放置している人も多いですし、今回はシステムの根幹に関わる更新も含まれているのでPCでバックアップを取ってから更新する方が良いかと思います。

早速使ってみた感想として、APFSの効果が現れているのかアプリの起動や切り替えが早くなった感じがします。
また、iMessageのバグが修正されていて良かったです( ´▽`)

細々としたバグはまだありそうですが、クリティカルなものはすぐ修正されるでしょうし、アップデートしても良いかと思います。

iOS10自体の問題みたい

先月辺りからiPhoneの調子が悪い悪いと言っていましたが、原因はiOS 10にあるのではないかと思っています。
というのも、先日Appleでバッテリーの無償交換プログラムを適用していただきバッテリーを交換してにも関わらず、相変わらず20%前後、省電力モード前後になるとiPhone 6sが強制シャットダウンしてしまうからです。

色々情報をあさってみましたが、どうもコレ、一部のiPhone 6sだけの問題では無くiOS 10.1.1にアップデートした人間全員に起きる問題のようです。

http://www.businessinsider.com/apple-iphone-ios-10-battery-shut-down-bug-2016-11
「一部のAppleユーザーは30%バッテリーが残っているのに強制的にシャットダウンされると主張する」

友人のiPhone6ユーザー、5ユーザーも同様の症状を訴えており、また人によっては異常にバッテリーが消費されるようになったと発言しています。
iOS 10.1.1には、やはりバッテリー関係の問題が含まれているようです。

自転車のナビゲーション

最近はリハビリを兼ねて兎に角自転車で移動するようにしています。
今日も自転車で移動したンですが、行ったことのない場所は流石に分からないのでナビゲーションアプリを使っていて、最近はGoogle Mapsと自転車NAVITIMEを使っています。

が、どちらのアプリも一長一短。
例えばGoogle Maps
gmGoogleが開発しているアプリで、利用料も無料。
周辺の情報にも溢れ、自動車や歩行にも利用出来ます。
gm_01夜間には色が変わる、到着予想時刻、ルートに有料道路を使う使わない、混雑状況の表示等の各種設定などの工夫も良い感じです。
しかし、自転車モードがありません。マップのオフライン利用も出来ません(日本のみ)。そこが解決すれば、最高のアプリケーションなンですが……

自転車NAVITIMEはNAVITIME JAPANの開発している自転車専用アプリケーション。
jn自転車向けに距離が短い、坂道が少ない、大通り優先、裏通り優先などの細かい設定が出来ます。
jn_01が、言う必要の無い案内をしたりするのが問題です。それと、やや不安定な傾向にあります(自分の感想ですが)。
また、Google Mapsでは表示される道路の混雑状況が表示されません。自転車は道路交通法で原則として車道を走行しなければならない以上、道路状況も表示して欲しいところです。

どちらも良く出来たアプリなのですが、完璧とは言えません。
より良いアプリに進化して欲しいものです。

ご飯の写真とカメラと

SNSでご飯や飲み物の写真を上げることがとても多くなってきましたが、以前は一眼か、高級コンデジでなければなかなか伝わらないものがあるなあと思っていました。
しかし、最近のスマートフォンのカメラの進化は素晴らしいものがあるので、もうこれで良いんじゃあないかな?と思ってしまいます、フィルタで味付けも出来ますし。

なので、最近の自分はもっぱらiPhone 6s様にお世話になっておりますw
参考までに撮影したままをアップロードしてみると、

2016-04-29-21-54-12こんな感じや、

2016-04-29-22-00-33こんな感じで撮影する事が出来ます(ただしサイズだけは縮小してます)。

これからフィルタ処理をすれば良いので、十分だと思ってます(・∀・)
っていうか仕事じゃ無いンだから、真面目にやってもしかたないですしw

さて、自分がiPhoneで使っている写真撮影&加工アプリはCamera+ProCameraの2つです。
それ以外もありますけど、多用するのはこの2つ。
Camera+は撮影と加工が良い感じで、ProCameraはLowLight+による夜間撮影の低ノイズ撮影がとても良い感じです。
ProCameraの夜間撮影は何枚か撮った画像を合成して処理するという以前Sony製の高級カメラに搭載されていた機能をアプリで実現したもので、これがまた綺麗に撮れるンですよ。

IMG_2497わかりやすくする為、ちょっと明るくしてありますがこの写真かなり暗い店内でアプリを使用して撮影してます、三脚なんかも使わず、腕でホールドして。

うん、十分だと思います(*・v・)))