「DIY」カテゴリーアーカイブ

扇風機の風が弱くなったと思ったら

空調に関する投稿が続いていますが、夏を少しでも快適に過ごそうというボク自身の思い出もあります(笑)
先日のエアコン記事は色んな人に読まれているようですが、まさか殆ど丸パクリ記事まで出て来るとは思いもしませんでした(苦笑)

さて、エアコンを使うまでもない場合や、部屋の空気を動かしたい場合、風を送りたい場合に使われる扇風機やサーキュレーターは時間と共に風が出なくなることもあるかと思います。
1〜2年もすると風が出なくなる、なんて事を言い出す人を割と見ますが実はこれ、分かりやすい原因があります。

 

実は羽に付着するホコリが原因だった

タイトル通りなのですが、扇風機やサーキュレーターの性能が低下する原因はホコリなどの汚れです。
生活していると必ず出てしまうホコリや汚れ、これが羽に付着すると風切り性能が低下します。飛行機の羽根やプロペラが滑らかな形状をしているのは風の流れを滑らかにする為で、流速が弱まると羽から風が離れて失速し大きな事故になるからです。
扇風機などの小さなものでもこれは同様で、扇風機の羽根の表面が滑らかな状態で無いと風の流れが悪くなり、羽根から風が離れてしまうので空気を送り出す力が格段に弱くなってしまいます。

暫く前に自宅の扇風機の風が弱いな、と思った時に実験してみたのでその際のデータを見てみましょう。

写真を拡大してみてみないと分かりづらいですが、羽根にかなりのホコリが付着してしまっています。
この時の風速を測定してみましょう。

写真が横を向いてしまっていますが、扇風機の網の真ん前で4.2m/sです。
普通の風量くらいは出ているかと思いますが、少し距離があると風があまり届いている感じがしません、暑く感じてしまいます。

では羽根を掃除してみます。

綺麗になりました、ついでに風切り性能を上げると風量が増える、というデータもあるのでエッジ部分を鋭くしてみます。

ヤスリで丁寧に研磨して、鋭くしてみました。
回転している部位に指を突っ込んだら危ないですが、まあガードが付いてますし大丈夫でしょう(笑)
ではこの羽根を戻して同様に測定してみます。

5.1m/s、改善してますね。
風も、遠くまで届くようなりました(こちらは写真撮りそびれました……

 

羽根に抵抗があると風が弱まるという事を証明してみる

どうせなので思い切り分かりやすく実験してみます。
扇風機の羽根にホコリがびっちり付着したような状態を再現するため、キムワイプ(表面がざらざらしているので、それっぽい状況を再現出来る)を羽根に貼り付けます。

表側にも丁寧にいきます。

羽根全体を覆いました。
状況的にはこれでもかというほど羽根が汚れた状況を作り出します。
では早速実験してみましょう。

0.9m/s!!

まあ〜酷い(笑)、落ちるだろうとは思ってましたけど、ここまで風量が落ちるとは。極端にまで汚れた状況を仮定して作り出してしまっているとはいえ、ここまでとは。
いや面白かったです、羽根(ファン)を綺麗にしておくことが、如何に大切か分かろうというものですね。

月に一度は、羽根を掃除するようにすると良いでしょう。

 

ちょっと突っ込んだ話を

扇風機の羽根を綺麗にする事で風を効率よく送れるようになることも分かりましたが、更に効率よくするにはどうしたら良いか、気になる人もいると思います。
実はコレ、既にやっている製品が出ていまして、最初にちょこっと出てきたサーキュレーターがそれです。サーキュレーターはファン(羽根)の周りを円筒で覆っていますがこれが実に大切で、二つの効果をもたらしています。

一つは風に指向性を持たせやすくするためです、狙った方向に風を送ることで、効率的に冷却したりする事が出来ます。

もう一つはファンの周りで渦巻く風を防ぎ、ロスを少なくすることです。
羽根の一番外側は風が巻いており、後ろに回り込もうとします。これを防ぐために筒でファンを覆うことで、効率を上げています。
ジェットエンジン何かがそれの代表例で、いくつものファンを円筒形構造で覆い、パワーを上げています。厳密にはもっと複雑なことをしているのですが、空気が逃げないよう、上手に上手に工夫設計されています。

ターボファンエンジン
(Wikipedia)

これはファンだけに限らず、ジェット機の翼等にも様々な形で応用されています。
先端が上に折れ曲がっていたりする構造がそれで、流れを最適化しています。

その後の室外機冷却

先日エアコンの室外機をバケツとタオルだけで冷却する記事を書いて以来、なンか馬鹿みたいにアクセスが伸びてて面白いですなぁ(水曜どうでしょうの藤村Dの声真似で)。
エアコンは日本の夏には最早必需品なので、注目度が高いのかも知れませんね。
友人等も、ボクの記事を見てやらねば……となったそうですし(笑

 

さて、その後ですがそういえばエアコン室外機の外装は冷えても、フィンが冷えなければ無意味では……と思い測定してみました。

35.5度、これはある程度以上効果が認められると言えるでしょう。
この室外機、自宅に2階にあって一番日当たりの良い場所にあるのですが、そういう場所でこそ効果が発揮されますね、やはり。
測定時間は前回より30分程早いのですが、夏なのである程度誤差の範囲と言って構わないと思います。

 

室外機を濡らすのは良くないのでは……とご質問も頂きましたが、大丈夫、室外機は雨風に晒される前提で設計されていますから、上部が濡れる程度ではビクともしません。内部の電気回路等もキチンと保護されています。
勿論、水没させてしまってはダメですが流石にそれをやる人はいないと思います(苦笑

バケツとタオルでエアコンの室外機は本当に冷えるのか【追記有】

毎日本当に暑いですよね。
東京では40度近い気温となり、コンクリートの地面は60度に到達します。
照り返しや暑くなってしまった建物から発せられる赤外線で夜も厳しい暑さが続き、体調を崩す人も多いかと思います。
故に、東京で暮らす以上はエアコンは必須ですよね。

さて、エアコンは熱交換を行うことで冷えた風を室内に送っている訳なので、室内機と室外機が存在します。
熱交換についての詳しい説明をすると数千文字単位になってしまうので端折りますが、簡単にだけ言うと室外機で熱を捨てて、冷えを室内に風で送っている、と言う訳です。暖房を使うときは、その逆です。
ということはつまり、夏シーズン室外機は猛烈に暑くなります。あまりに暑い日にエアコンが効かなくなる事がありますが、これは室外機が熱くなりすぎて中で循環している液化ガスを上手く冷却することが出来ないからです。
逆に言えば、エアコンの効きが悪いときは室外機を冷やせば良い、と言うことになります。

先日、エアコンの室外機をバケツとタオルだけで冷やすことが出来る、というネタを見かけました。
室外機の上に水の入ったバケツを乗せ、そこにタオルを浸しエアコン上部に乗せるというものです。
確かに、これならば気化熱によってエアコン室外機上部を冷やすことが出来るためエアコンの働きを助けることになり、室内を効率的に冷やすことが出来る、理屈は通っています。

 

早速実験

バケツにタオル、両方とも家に古くなって使わなくなってきているものがありますし、水も水道から汲むだけです。
簡単なので早速やってみます。
昨日の夕方からやってみているので、20時間が経過した正午頃にデータを取っています。

比較のため、まずは周辺のエアコンの色に近いベランダの床の温度を取ってみます。

55.5度!!
これは暑いですね、まさに夏って感じがします。

では次に、バケツとタオルを設置したエアコン上部の温度を取ってみます。

 

さっ……34.5度!!!!
その差21度とは凄まじい効果!!

うおぉ……これは凄い……
確かに室内機も室外機も、やたらめったら運転を頑張ってる感じがしませんし、室内も快適です。
タオルを色の濃いもの(今回は黒)にしたことも勝因な気がします( ´▽`)
いやこれ、本当に試してみる価値ありです。なんせ家にある物で出来ますし、あと必要なものは水です。
日光による気化熱をメインターゲットとしているため、昼の方が効果は大きく、夜でも暑ければ勿論それを狙えます。
蒸し暑すぎる夜は、ちょっと効果が出にくいかもですが……

しかしこれ、是非お試しあれ、です。

 

ちょっとした注意

何点か注意があります。

  1. まずはバケツ、毎日水を足していく感じになりますが、そうするとボウフラが湧き、蚊が大量発生する可能性があります。
    故に自分は10円玉を沈めてます。これは銅イオンによる殺菌を狙っています。
  2. 室外機は長く使っているとフィンに砂やほこりが詰まり、熱交換効率が大きく下がります。簡単に出良いので、一度エアコンを止めて室外機のフィンを水と歯ブラシで掃除してあげて下さい。
    この際、フィンを曲げてしまわないように力は入れず、丁寧に洗ってあげて下さい。室内機のフィンも同様です。
  3. これは余談ですが、エアコンが臭う場合は何点か可能性があります、室内機のフィンの汚れが有名ですが、実はパンに汚れやカビが大量に発生していても臭います。
    フィンは市販のスプレーでかなり掃除できますが、パンは難しいので素直に電気屋さんを呼んで見て貰った方が良いです。費用もかなり安く済みます。

 

以上です。
エアコンを効率的に使い、快適な夏を過ごしましょう(`・ω・ ´)

【追記】
室外機のフィンに水をぶっ掛ければ更に効率的に冷やせるのでは……と、思いつく賢い方もいらっしゃるかと思いますが、その通りです。実はダイキンが製品化してます。


http://www.daikin-at.co.jp/service/uchimizu.html

ただこれ、200V必須なのと業務ベースなのでご家庭にはちょっと導入が難しいかな……ってところがあります。

新居にもホームバーを

引っ越してから丁度二ヶ月、家をコツコツと片付けていたのですが木材加工系はなかなか出来ていませんでした。
というのも、週末にやったら雨が集中したりしたもので木材加工にはなかなか難しかったからです。今年は秋雨が長かったですね……本当に。
11月に入り、やっと天候も安定してきたので一気に片付けてしまおうと頑張りました( ´▽`)

まずは久しぶりの木材加工なので、玄関に下駄箱を兼ねた棚を製作。
大家さんがお花をくれたので、それも飾ってみました。

次に2×4材や1×8材、1×16材を組み合わせて棚を製作します。
そしてしまっておいた”モノ”を並べて……

照明を設置して、ホームBarの完成です(・`д・´)

ゆっくりするもよし、カウンターで仕事をするもよしの素敵な空間が自宅に出来ました(*´ v `)
ホームセンターが凄い良いところに出来たのもあるのですが、自分で何か作るのが大好きなのでこういう空間作りは楽しいです。
設計さえしちゃえば1〜2万もあれば出来るので、自分の趣味の空間を作るところからはじめてみるのは良いかもですね(`・ω・ ´)