「雑記」カテゴリーアーカイブ

冬こそ水分を

冬は寒いしトイレが近くなるからと水分を取らなくなる人が多いのですが、実は暖房で暖かいので意外と汗を掻き、また空気が乾燥している事もあって脱水症状になる人が少なくないです。

とはいえ、暖かい珈琲や緑茶などのカフェイン入りの飲み物は利尿作用があるので、白湯でも構わないのでちびちび飲むようにした方が良いです。
ノンシュガーのスポーツドリンクなんかもオススメです。

寒過ぎて頭痛、と思っていたら実は脱水症状で頭痛が起きていたり、脱水症状に近い状態で飲酒したりすると変に酔ったりもして危険です。

また、水分が不足するという事は肌が乾燥してキメが荒くなり、”シワが出来やすくもなる”ということです。
美容に気を付けたい人はこれも注意、です。

顔のケアにベビーパウダー

この時期、肌が乾燥するので保湿はしっかりした方が良いのだが、クリーム等の塗り過ぎて脂が多くなると逆にニキビの元にもなってしまうので考えもの。

そこで、化粧水の後にクリームしたら最後にベビーパウダーをする事をオススメしたい。
主成分のタルカムが余計な脂を吸うし、デンプンは保湿も行うので顔に使うといい感じに肌の調子を整えてくれる。
更に、肌がワントーン明るくなるオマケ付き。メイクが面倒な人も、ほんの少しの手間で肌の印象が違います。

ただし目や鼻に入らないようには注意、厚く塗りすぎると真っ白で怖いしw
ボクもこれのおかげで吹き出物が激減したし、肌のテカリも軽減されたしでいい事しかない……何よりベビーパウダーはパフと一緒に買っても激安だしな!!

普段のメイクにプラスしたい人は、最後にお粉の代わりにベビーパウダーを使っても良いし、汗をかきやすい人はベビーパウダーした後に顔全体に霧吹きスプレーするとメイクがめっちゃ落ちづらくなります( ˘ω˘ )

家守

玄関を出たら縁起物さんがいらっしゃいました。

周辺の色に合わせてかグレー系のヤモリさん( ´▽`)
絶滅危惧種だそうですが、元々は在来種ではないそうですね。

踏みつけてしまいそうだったので庭に移動して頂きました。

元気に越冬して、家を守って欲しいもンです(o’▽’)

さらば痛みの日々よ

去年の事故で入れたプレートを抜いてきました。

サイボーグのパーツみたいで格好良いですなー、これは。
こんなのが1年近く肩に入ってりゃ何しても痛かったのですが、やーっと可動域制限が取れて痛みとおさらば出来るのかと思うと嬉しいです( ´▽`)

あぁ〜……ここが肩峰やら棘上筋を削ってたのね。
そりゃあ痛いわ……( ´・ω・`)

抜芯までもう暫く、タンパク質摂取しまくって軽く運動して、よく寝るぞー!!(・`д・´)

そういえばアセトアミノフェンがこの1年で変更されてました。
去年までは無機質な瓶だったのに、かわいいイラストの入ったパッケージに。
確かにこっちの方が管理しやすそう。

Welcome Back, AMD !!

ようやくRYZENが発売されましたね!
Windows機をこれまでFX-8150で頑張ってきましたが、これでやっと刷新できます+。:.゚ヽ(*´ω`)ノ゚.:。+゚

自分は自作をDuronのSpitfireで始めてからずっとAMD派、これからもIntelに喧嘩を売り続けて欲しいです。

組んでやっから待ってろよRYZEN!!

http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1703/10/news150.html
「反転攻勢へ!「Ryzen 7」の爆速性能を確かめる」
Intelに対し、Bulldozer以降劣勢だったAMDが反転攻勢をかけるこの瞬間を、ベンチマークとともに確かめてみたい。Core i7-7700Kとの対決では、Ryzen 7勢がCPU性能で圧倒した。

評判も悪くないし、本当にありがてぇありがてぇ……(感無量

禅とマインドフルネス

ここ最近ストレスに対抗し、正確な判断を行うためにマインドフルネスを行う事にしています。
ストレスの元は他者から与えられたり環境から与えられたりするものもあるのですが、一番の原因はデフォルトモードネットワークで悪い思考や記憶が繰り返されて気分が沈んでいったり辛いままになってしまう事です。
そこでマインドフルネスを行い、脳のdlPFC(背外側前頭前野)を活性化させ、バランスを取り、悪い思考の循環から抜け出し色々なことに気づけるようになる事が目的です。
余談ですがdlPFCを活性化させると慢性腰痛から解放された、との報告もあります。
これは痛みの回路を抑制するdlPFCがストレス等で収縮し、働きが弱くなることでいつまでも痛い状態が続いてしまうということが原因のひとつとして言われています。

話しがズレてしまったので戻します。
ここ数年、マインドフルネスは非常に注目され、Googleやapple、IBM、Intel、Yahooなんかでも取り入れており、googleに至っては10人に1一人が実践しているようです。
医療の現場でも既に取り入れられていて、うつや睡眠障害、気分障害などの治療にも使われています。
うつの治療においては、投薬を続ける事で再発のリスクを抑える事が現在の治療の主流ですが、マインドフルネスを毎日行う方が再発率が低いという研究結果が出ています。
これは脳の扁桃体がストレスによって肥大化し、逆に海馬が収縮する事を防ぐ事で自律神経を乱さずにいられる為と言われており、実際にCTでもそれが確認されています。

さて、マインドフルネスは禅に似ているとよく言われ、座禅を習いに行く人もいます。
しかし、禅とマインドフルネスは似て非なるものです。
マインドフルネスは自分の感覚や感情を見つめ直し、心と体のバランスを取ることを目的としたものですが、それに対し禅とは釈迦の悟りを自分の内に見いだすものだからです。
元々の目的が違うので、”似て非なるもの”、という訳ですね。

自分はマインドフルネスの効果を即体感出来たタイプの人間ですが、やはり個人差があり、効果が出にくい人もいます。
これは幼少期から剣道を15年ほど続け、練習の後に黙想(禅)をしていた事で既にマインドフルネスに近いことを行っていた為、身体がそれに慣れているから即体感する事が出来たようです。
師範は、「黙想(禅)は呼吸を落ち着かせるためにやる」と言っていて良く分かっていなかった感がありますが、マインドフルネスの基本は自分の呼吸に集中し、心と体の感覚を研ぎ澄ますことなので知らず知らずのうちにそれを実践していた事になりますね。
医学的に言うなら、運動することでうつの原因と言われるキヌレリン分解を行い、黙想する事でα波を出し、dlPFCを活性化させ、心と体のバランスを調整するわけです。

ストレスの多い現代社会、これはあまりにも刺激となる事が多くなりすぎた為でもあります。
そこでマインドフルネスを行い、自分の心と体の感覚を見つめ直す時間が少しあっても良いのかもしれませんね。

二日酔いには

お酒は適量で……と言いたいところですが、時には飲み過ぎてしまうのが人間というものです。
その際にやってくるのは二日酔いですが、基本的には酒と同量の水を飲むことで相当に軽減することが出来ます。

とはいえ、二日酔いになってしまった際にはどうしようもありません。
一刻も早く治したいところですが、透析や点滴は気軽に自宅ではできません。自宅でもできる基本的な解決法としては水分を良く取り、身体を冷やさないようにする、この二点で回復速度を上げることが出来ます。
特効薬も存在しますが(グリチロンとか)、基本的には医薬品なので処方してもらわなければなりません。

そこで、市販品で気軽に買え、効きが期待出来るものを探してみるとハイチオールCが見当たります。
胃腸が荒れていない場合はこれだけで相当早く二日酔いを治すことが出来ます。
しかし飲み過ぎるとアルコールが分解しきれない事に加え、同時に胃が相当に荒れます。
これに対しては胃薬を飲めば良いのですが、同時に対処出来るものはないか……と探してみたのですがありました。

ソルマック胃腸液プラスです。

胃の調子を整える延命草、赤芽槲にプラスして、甘草が入っています。この甘草がミソでして、グリチルリチンの原料です。
つまり……分かりますね?

胃の調子を整え、アルコールも分解して……うむ、コンビニでも買えますし、良い物だと思います(`・ω・ ´)

だからといって、飲み過ぎは結局いけませんがw

iMacのOS入れ直し

自宅の仕事用iMacの調子がいよいよ悪いのでOSを入れ直しました。

アプリや仕様の問題から未だにiMac Mid 2011を使っている私ですが、最初期OSであるSnow Leopardから継ぎ足しアップデートを繰り返して使用していたところ、どうもEl Capitanから様子がちょっとおかしくなり、最近のアップデートで完全に駄目になり、CLIP STUDIO PAINTの筆設定が保存されなくなった上にFinderにファイルが表示されないなどの問題も起きたのでやりました。
これはまあ、もう仕方ないのでクリーンインストールしかないので徹夜で入れ直しを……

いやしかし、OSはやはりクリーンインストールしないといけませんなー、特に内部構造が大きく変わるときは。
めっさ快適になった……!!٩( ‘ω’ )و

まだまだ頑張ってくれよな( ´▽`)
メモリは32GBはいるのでな……

ストレス・マーケティング

Twitterには書いていたのですが、良い機会なのであらためてまとめておこうかと思います。

今回SANNETのログインサーバーに何らかの障害が発生し、48時間以上にわたってネットに接続出来ない状態が続きました。
SANNETは10年程前から愛用してきましたが、数年前に楽天が親会社になって以来、どうも怪しくなってきました。
勿論、企業として利益を追求するのは常識ですが、いくらなんでもそれはないだろうという事が多くなり、遂に数日に渡り接続すら出来ないという状況に陥り、状況を確認しようとサイトを確認すると原因、状況の説明等がほぼ無いという状態でした。
昨日には修理対応され、ネットに接続出来るようになったのですが、どうも回線速度が安定しません。

最悪だったのは、その状況で謝罪の言葉が系されることもなくこの広告↓がデカデカと掲載され続けたことです。
Twitterやその他サイトでは楽天による工作ではないかと噂している人もいましたが、まあそうではないにせよこれは無いだろうと思います。
サーバー障害の原因が何にせよ、ネットに繋がらない状況で親会社が堂々と広告を載せる神経が分かりません。

もしくは、これはマーケティングなのではないかと思うと納得出来ます。
極端ですが、ユーザーを苛立たせ、必要以上に追い込むことで用意された逃げ口へと誘導するマーケティング……これをストレス・マーケティングと呼称しようと思います。

これが楽天のマーケティングでないにせよ、親会社として何やってんだとなりますし、信用度がガタ落ちです。
元々ありませんが(笑

しかしストレス・マーケティング(Stress Marketing)……面白い言葉だ。
子会社を吸収した親会社が顧客を吸い上げるのに使いそう(笑