「機械」カテゴリーアーカイブ

サイバーアタックと

インターネットは最早生活から切り離せないものとなり、それを利用したサービスも数多くリリースされています。
スマートフォンが普及したことでそれはより身近なものとなり、最早スマートフォンは生活必需品の一つになったとも言えます。

さて、そんな中問題として切り離せないものはサイバーアタック(ハッキング等)です。
去年から今年にかけ、大問題となっている仮想通貨取引所へのアタックは目にしたことのある人も多いと思いますし、クラウドストレージ、SNSからの流出もよく見ると思います。
アタックの手法も日進月歩、過去のメールやサイトによるアタックからハードウェアそのものからのハック、その他数え切れないものがあります。
それに対する対策も、ウイルス対策ソフトによるもの、ハードウェアによるもの、そもそも実行させない機構をソフト的に、ハード的に組込などこちらも日進月歩であり、いたちごっこです。

そういったリスクについての考え方は以前書いたリスクについての考え方を読んで頂ければ分かると思います。
現在、そういった対策を講じるセキュリティ会社の考えは”最早サイバーアタックは必ず起こるものであり、発生してしまった場合如何に損害を小さくするか”が主な考え方となってきてもいます。
しかし、そもそも悪意ある人間からのアタックによる被害は起きて欲しくないもの。それに対する手段として、”感染してしまっても実行させない”、という手法がメインとなってきています。先述したOS毎切り離す手法、あるいは、内部にウイルス等として存在してしまっても、実行させないようソフト的に対策するなど、様々な方法があります。
丁度今日、Intel製CPUのハイパースレッディングの隙を突いた脆弱性が発表され、最新のCPUですから搭載されているPCも多く、被害の拡大が懸念されます。
しかしこれらはOSやアプリケーションのアップデートで対策出来ることが多く、故にメーカーは常に最新のものにアップデートすることを推奨しているのです。アップデートのされない機器は感染しますし、周辺への感染源となります。

最近のアタック手法として、分割型ウイルス、あるいはローカルのマシンにコンパイルさせることでファイアウォールをすり抜けるタイプ、OSのカーネルに存在する実行ファイルに偽装するタイプなど、ハッカー側の進化も凄まじいものがあります。
PCでもセキュリティソフトを入れているから大丈夫、スマホだから大丈夫ということはありえません。
自分自身の情報を守るため、周囲の人間や社会に迷惑を掛けないためにも、ハードウェアは数年に一度の買い換え(そもそも耐久消耗品ですし)、アップデートが発表された際にはきちんと適用するなど、サイバーセキュリティには気をつけるようにしたいものです。
勿論、アプリケーションのアップデートも忘れずに。

Welcome Back, AMD !!

ようやくRYZENが発売されましたね!
Windows機をこれまでFX-8150で頑張ってきましたが、これでやっと刷新できます+。:.゚ヽ(*´ω`)ノ゚.:。+゚

自分は自作をDuronのSpitfireで始めてからずっとAMD派、これからもIntelに喧嘩を売り続けて欲しいです。

組んでやっから待ってろよRYZEN!!

http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1703/10/news150.html
「反転攻勢へ!「Ryzen 7」の爆速性能を確かめる」
Intelに対し、Bulldozer以降劣勢だったAMDが反転攻勢をかけるこの瞬間を、ベンチマークとともに確かめてみたい。Core i7-7700Kとの対決では、Ryzen 7勢がCPU性能で圧倒した。

評判も悪くないし、本当にありがてぇありがてぇ……(感無量

低価格LED蛍光管の問題点

大分LED照明が小慣れてきました。
省電化の為に照明をLED化するのは良いンですが、質の悪いのを使うとあっという間に拡散用の塗料が劣化してこんな感じに青首大根にのようになります。

10294329_10152105988823927_2993954391646652621_nしかしこれはLEDの配置設計が最悪過ぎだろwwwwww
セブンイレブンなんかだと赤系、青系を交互に並べるンですが、これは赤と青を左右に並べちゃってますね。
昼光色を1つのLEDで作るのは苦手なメーカーも多いし、確かに色んな色が混ざった方が自然な色になるので2つの種類を使うのは良いンですが、これはちょっとw

おそらく青系のLEDにわずかながら紫外線を含んでいたのでしょう、拡散用の塗料があっという間に劣化してこのような感じに。
いやいや、随分と安くなってきたLED照明ですが安物には要注意、ですね。

硬質ゴムの劣化対処

滑り辛くするために使用される硬質ゴムの劣化は避けられないものです。それが例えどんな高級品であろうと、固い物であろうと。
表面からボロボロと崩れていくか、べとべとするのが一般的なようで、自分が使っていたマイクロソフトのBTキーボードは後者でした。
最近はゲーム機で文字入力することも増えたのでそれで利用していたのですが、暫く忙しかったこともありキーボードを使う機会もなかったので劣化に気づきませんでした。

写真 2015-10-10 16 07 23それがこんな、分かり辛いのですが淵の部分がべっとべとになっています。

無水エタノールとかで処理しちゃっても良いんですが、なんか簡単な方法ないかなーと思っていたところ、友人が、

「消しゴムでこすると綺麗になるみたい」

などと言ってきたので、まあものは試しと擦ってみたところ……

写真 2015-10-10 16 12 45べたべたする上に消しゴムのカスの汚いなんか最悪なものに(’ω`;;)
あの馬鹿絶対に許さねぇ……

さて、まあ割と長く使いましたし、処分しちゃっても良かったのですがどうせなら今後も他で生かせるんじゃあないかと対策を考えることにしました。
やはり無水エタノールで処理しちゃえばいいんですが、ちょっと前に機器の洗浄で使い切ってしまっていた為に丁度手元には無い状態。
当日は熱もあって外に出るのもシンドい状況だったのですが、Zippoオイルが手元にあったのでそれで落としてしまうことに。
写真 2015-10-10 16 25 06端切れの布に染み込ませて丁寧に拭き取ってみると……

写真 2015-10-10 16 33 38綺麗に落とすことが出来ました。

さて、これを症状が出るたびに繰り返してもいいのですが、どうせなら手入れの手間も減らしたいですし、より長く使いたいものです。
そこで、何かしらでコートしてしまえば良いではないかと思ったのですが、ワックスのようなものではダメ、どうせなら硬化し、かつ外からも内からも表面を保護出来るものが良いので、今回はガラス繊維でコートすることにしました。

写真 2015-10-10 16 36 21手元にあったので、スマートフォンの液晶やCDデータ面等の保護に使用しているガラス繊維コート剤を使いました。

2重に塗り重ねてみると、
写真 2015-10-10 16 41 32こんな感じに。
ガラス繊維でコートしているので、マットな感じは消えてしまいましたがこの際は仕方ないでしょう(笑
これで経年による内側からの劣化も、外からの汚れにも強くなりました。

写真 2015-10-10 16 56 58硬質ゴム部分は全体的に劣化していたので、全体を処理したのがこちら。
まあ高級感が少し出たということで、まだしばらくは使えるでしょう(笑