「スマートフォン」カテゴリーアーカイブ

エンターテインメント

結果だけを見るなら、全ての生物は死ぬので価値は無いと言えます。
しかしながら、我々人間は地球上に数多く存在し、それぞれの人生を生きていて、笑い泣いています。どんなものにも終わりはありますが、それまでの課程を楽しんでいるのであれば、そこにこそ価値はあるのだと思います。科学を信仰する人間としては少々ロマンチック過ぎるかもしれませんが、結果だけを追い求めてその課程を楽しめない人間は少々寂しいのではないでしょうか。
人は遺伝子を運ぶ舟ではありますが、その舟である我々が楽しめないのでは色々台無しでしょう。
科学者こそ、真のロマンチストなのかもしれません。

さて、楽しみというのはそれぞれが見出すものですが、その”楽しみ(楽しい)”とは何でしょう。
幾つかありますが、大まかに以下の項目に分類します。

  1. 意外
    自分の知らなかった事を見知ったとき、人は感動し、楽しいと思うものです。
  2. 記憶の反復
    既に自己が体験した経験を再度反芻することで、共感を感じたり優越感を感じることで楽しいと感じます。

大きく考えて以上になると思われます。
それらをもたらすものがエンターテイナーであると思いますが、ここ最近のメディアは後者の共感を優先してコンテンツを制作しているフシがあります。
故に、大人になるとエンターテイメントが楽しくなくなるといった現象が起こりやすくなるのです。逆に言えば子供の頃何でも面白かった、というのは自分が知らないことが余りにも多いことからもたらされるものと言えます。
ネット配信系の、個人エンターテイナーが持て囃されるのはそのあたりが根底にあるからでしょう。”TV等の大手メディアでは下らなすぎてやらないもの”、”常識の範囲でやらないがやってみたいもの”がネット動画の主流となっている点から見ても間違いないと思います。
「現代の子供はすぐ飽きる。」なんて言う人もいますが、それは間違いで、”子供すら騙せないほど程度が落ちてきている”と考える方が妥当です。「これ前にやった、前に見た。」と思われてしまっているのです。個人が世界中の情報にアクセス出来る現代において、”テンプレート通りやっておけば良い”が既に通じなくなっている事を認識すべき時代なのだと、エンターテイナーは心がけておかなければならない訳です。
”ブームは再燃する”という事は、つまり年代交代が起きて体験したことの無い若い層にウケている、と分析することも出来ます。

そしてもう一つ、これは人を楽しませる事全てに共通するものがあるのですが、”説教臭くなってはいけない”というものです。
これを忘れたものは、結局人が離れていってしまいます。人はちやほやされだすと、途端に優越感を感じて偉そうにしてしまいがちですが、そもそもエンターテイナーにもカスタマーにも身分の上下はありません。故に失敗するエンターテイナーが多い訳です。

 

気になったニュース

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/201809/557592.html?n_cid=nbpnmo_mled
「パーキンソン病へ世界初のiPS細胞「治験」開始
サルの実験では運動症状が軽減し移植細胞も生着」
ほぉーなるほど、神経細胞は免疫系の反応がそんなに無いから色々出来そうなのか。
他の病気にも応用が良い感じに進んでいくと良いなあ。

https://jp.reuters.com/article/hokkaido-quake-idJPKCN1LQ015
「北海道地震、死者40人 政府は20%節電要請」
まだインフラが復旧していない地域もあるみたいだし、早くいつもの生活に戻れると良いですな。
本州にいる自分らは変に自粛するよりガンガンお金使って経済を回していきたいところ。北海道の野菜とか超美味いしな!!美味しいもの食べよ!!

https://techable.jp/archives/31437
「これぞ究極の自家発電システム!自転車のペダルを漕いで、電子デバイスを充電しよう」
自分みたいに自転車を多用する人間や、被災時にこれ良さそうだなー。
以前ソーラーパネルを使った充電回路とか作ったことあったけど、人力もまた良いねw

ZenFone 5 is coming

ZenFone 5が良い感じっぽかったので気になっていたのと、使っていたAndroid機器にちょっと不満があったので買い換えました。
仕事で使う程度なので良いかなーとも思ったのですが、丁度アキヨドで安かったのと、IIJがキャンペーンをしていたのもあってサラっと回線を増やしつつ乗り換えです。


基本スペックは中堅機として必要十分

基本的なスペックは以下の通りです。

ZenFone5 ZE620KL
CPU Snapdragon 636
GPU Adreno 509
RAM 6GB
ROM 64GB
ディスプレイ 6.2inch Gorilla Glass 3 / 2246×1080
カメラ 背面1200万画素(F値1.8)+800万画素広角
前面800万画素
電池容量 3300mAh

Snapdragon636なので、ZenFone 4(Snapdragon660)よりスペックダウン?と思ったのですが、Antutuによるスコアテストでは前者が141,016、後者が137,641となっており、むしろスペックアップしています。
これは設計や製造の最適化によってもたらされた結果と思いますが、型番としては落ちているよう感じるのに良いものを見た気がします。

RAMは6GB搭載されていて、これも十分。
OptiFlex機能を搭載しており、アプリがメモリに常駐し高速切り替えを行います。その為の大容量メモリ、とも言えます。

ディスプレイはOLEDではなくLCDなので画面端ではやや暗く感じる部分もありますが、値段からしたら十分な綺麗さを持っており、単色表示しなければ分からないほどです。
6.2インチのディスプレイは思ったよりも広くて大きく、簡単な仕事であればZenFone 5単体で出来てしまいそうです。実際、いくつか簡単な仕事をしてみましたが十分にこなすことが出来ました。

カメラ性能に関しては広角レンズが導入されたことと、AIによる恩恵が素晴らしいです。
HDRはやや彩度を強調する傾向にありますが、これも何点か補正しているウチにAIが学習し、自分の好みに合わせた現像を行ってくれます。
メインカメラはF1.8と明るいレンズを採用していること、ASUSによる味付けがちょっと面白く、ボケも悪くない感じです。
最近のスマホに求められるカメラ性能は満たしていると考えて良いと思います。

電池容量も本体重量の割に3,300mAhとかなり多く、余裕で一日持ちます。下手すると2日いけてしまうかもしれません。
端子がtype-Cなのもあって高速充電も良い感じで、あっという間に充電されます。


写真比較

メイン回線であるiPhone 8と、写真を比較してみます。

こちらはZenFone 5による撮影です。
HDRオンで撮ってみましたが、やや彩度を強めに強調する傾向にありますね。

こちらはiPhone 8による撮影です。間違えて縦で撮ってしまいました……( ´・ω・`)
同様にHDR撮影しましたが、空はトンでます。
また、傾向としては黄色みがやや強く、人間の目に合わせているような印象を受けます。


買いかそうでないかと言ったら間違いなく買い

結局買っても良いの?と言われたら間違いなく買いです。
値段もiPhone Xの半分以下ですし、ノッチも全然悪くありません。SIMがなんだかんだ2枚刺せるのは便利ですし、今回は同時待ち受けも可能です。デフォルトでATOKが入っているので漢字変換等もおりこうさんですしね。

勿論、これはちょっと、という点も数点あります。
例えばヘッドフォンですが、アンプが弱い印象を受けます。これは付属するイヤホンに最適化されているからかもしれませんが、もうちょっとパワーがあって良いと思います。
また、動画等を再生しつつスピーカーから音を出す際、どうしても小さいデュアルスピーカーを採用しているから仕方ないのですが音のバランスが悪く、ステレオに感じられないことがあります。とはいえ、スマートフォンで動画を再生する場合は基本的にイヤホンやヘッドホンベースだと思うのでここはあまり気にしなくても良い気がしますが、パワーはかなりあるので音量に関してはスピーカー再生でも十分だと思います。
また、カメラレンズの広角側は樽形になりがちで、ちょっと厳しさを感じます。逆にそう割切って面白い写真を撮影するのもありかとは思います。基本的にはポートレートモードの演算用として使っていくと良いかと思います。

良い部分と悪い部分、それぞれありますがマイナス点が低いので基本的に十分楽しく使っていけるスマホだと思います。
Androidも開発が進み、以前のような不安定さは影を潜めていますし、買い換えを考えている人は考慮に入れるに十分足りるマシンです。
もうちょっとハードにゲームがしたい、アプリにパワーを回したい、という方はZenFone 5z(Snapdragon 845搭載)を買うのもまた一興かと思います。

Wi-Fi設定へ簡単アクセス(iOS / Android)

iOS11ではコントロールセンターでWi-Fiの完全なON/OFFが出来なくなり、不便になったと言う人が一定数います。
Wi-Fiを常にオンしておきたい人は良いかもしれませんが、今まで繋いだことの無い無線を見つけるといちいち繋ぐか確認が来たりして鬱陶しかったり、あるいはWi-Fi環境下でのみすぐONにして使いたい人にはちょっと使い勝手が悪いです。

 

■iOSでは3Dタッチで簡単Wi-Fi設定アクセス

しかし、6s以降のiOSデバイスでは3Dタッチで即Wi-Fi設定へアクセス出来ます(6s、7、8、Xにて確認済)

環境設定アイコンを3Dタッチすると、バッテリー、モバイルデータ通信、Wi-Fi、Bluetoothの項目が出てきます。
ここでWi-Fiをタッチすると、

一発でWi-FiのON/OFFコントロールにアクセス出来ます。

 

■Androidでも同じ事が出来る

iOSがこういう進化してるなら、Androidも同じようなこと出来るだろ、流石に?と思い、手元の端末で確認してみました。
すると、3Dタッチ機能は無いのですが設定アイコンの長押しで……

出て来ました、Wi-Fiへのアクセスアイコンが出てきますのでタップすると……

コチラも一発でアクセス出来ました。
Wi-FiのON/OFFを頻繁に行う人は覚えておいて良いテクニックだと思います。

ただし、Androidのバージョンが古いと出来ない可能性があります。
手元の端末のバージョンは7.1.1なので、これ以降のものは出来ると思いますが、それより古いとなんとも言えません。
確認出来次第追記しようと思います。