APFSとCS6の諸問題

主にPhotoshop CS6との問題なのですが、Photoshop CS6はどうやらAPFSのドライブを認識出来ないようです。

つまり、High Sierraの恩恵が受け辛いと言えます。
しかしHDDの場合はAPFSではなく以前からのMac OS拡張でフォーマットされるので、問題無く仮想記憶ディスクとして使用出来ます(上の画像はSSDのMBPのもの)。

しかし、Illustratorは別です。
何故かAPFSのドライブを認識し、仮想記憶ディスクとして使用出来ます。

同じAdobeでも開発チームが違うので、イラレはその辺りの融通が利くといったところでしょうか。

まあCS6もいい加減古くなってきているので、そのあたりは仕方の無いところでしょうかね( ´・ω・`)
とはいえ、こういう問題を頭使って解決していくのが好きなのもまた問題w

【追記有】High SierraでのPhotoshop CS6トラブル解決方法

High SierraにアップデートしたことでPhotoshop CS6で幾つか問題が起きました。
まずはGPUを利用したスムージングの表示異常、Web書き出し時に表示され続けPhotoshopを再起動しないと消えないポップ。

原因はおそらくHigh SierraのGPU仕様変更でしょう。
MetalがMetal2に進化したことで駄目になったものと思われます。

解決手段は無いかと思い悩んでいましたが、考えてみればGPUを利用しなければ良いのです。
という訳で、早速環境設定から直してしまいます。

グラフィックプロセッサーの設定からチェックボックスを外すだけです。
一応詳細設定からどうにか出来ないかと弄り倒してみましたが、METAL2は最早Photoshop CS6には対応していないのでどうしようもないようです。
GPUを使わないことでスムージング等は利用出来なくなりますが、トラブルが起き続けるよりは良いでしょう( ´・ω・`)

【追記】
どうもAppleはRadeonとの最適化を進めているのか、AMD製GPU搭載のMacではこの設定無しでトラブルが出なくなっていました。
考えてみればiMac Proに搭載されるGPUもVegaですし、そっちに舵切りをしたいのかもしれませんね。

家守

玄関を出たら縁起物さんがいらっしゃいました。

周辺の色に合わせてかグレー系のヤモリさん( ´▽`)
絶滅危惧種だそうですが、元々は在来種ではないそうですね。

踏みつけてしまいそうだったので庭に移動して頂きました。

元気に越冬して、家を守って欲しいもンです(o’▽’)

High Sierra言語化け問題

High Sierraのアップデート、10.13.1が先日来ました。
自分はBluetooth関係の問題を解決したかったので早速更新したのですが、複数の環境(iMacとMBP)で言語設定にバグが生じました。

基本的には問題ないのですが、アプリケーションによっては動作が一部おかしかったり、ログインやログアウト時に表示がおかしかったりしました。
システム環境設定だと英語では無く日本語設定になっているのですが……

という事で、早速修正します。
まずはTerminalを立ち上げて言語設定をします。

コマンドは簡単、

sudo languagesetup

と打ち込んでReturn、パスワードを入力して再度Returnします。
するとどの言語にするか表示が出てきます。

日本語化したいので6を打ち込んでReturnします。
そしてexitを打ち込んでReturn、[プロセスを完了しました]のテキストが表示されたらTerminalを閉じてMacを再起動すればOKです。

ところで、自宅のBarが良い感じです。

自宅にお気に入りのスペースがあると、やる気が出て良い感じです。
今週で、取りあえず山を片付けてしまいたい……(白目

新居にもホームバーを

引っ越してから丁度二ヶ月、家をコツコツと片付けていたのですが木材加工系はなかなか出来ていませんでした。
というのも、週末にやったら雨が集中したりしたもので木材加工にはなかなか難しかったからです。今年は秋雨が長かったですね……本当に。
11月に入り、やっと天候も安定してきたので一気に片付けてしまおうと頑張りました( ´▽`)

まずは久しぶりの木材加工なので、玄関に下駄箱を兼ねた棚を製作。
大家さんがお花をくれたので、それも飾ってみました。

次に2×4材や1×8材、1×16材を組み合わせて棚を製作します。
そしてしまっておいた”モノ”を並べて……

照明を設置して、ホームBarの完成です(・`д・´)

ゆっくりするもよし、カウンターで仕事をするもよしの素敵な空間が自宅に出来ました(*´ v `)
ホームセンターが凄い良いところに出来たのもあるのですが、自分で何か作るのが大好きなのでこういう空間作りは楽しいです。
設計さえしちゃえば1〜2万もあれば出来るので、自分の趣味の空間を作るところからはじめてみるのは良いかもですね(`・ω・ ´)

High Sierraもアップデート

iOSにアップデートが来と同時に、High Sierraにもアップデートが来てました。

セキュリティアップデートと共に各種バグも修正されているようです。
個人的にはやっぱりBluetoothがやったら切れるのはバグだったか、といった感じです。バグ報告して良かった……

iOS11.1

iOSが11.1へとアップデートされました。
70種類以上の絵文字の追加とバグアップデートが主な内容とのことですが、今回はバグアップデートが重要なようで問題となっていた稼働時間問題が修正されているようです。
最新機種では最大4時間も稼働時間が延びたとか。

また、3D touchを利用したアプリスイッチャーも無事復活、この機能を多用する自分としては非常に助かります(iPhone Xのマルチタップを含む機能の為に一部機能が封印されていた、とのこと)。
また、Assistive touchの項目にカスタムアクションが追加されています。

バッテリーが早く減る早く減ると言われてきたiOS11、やっとバッテリーの持ちが改善しそう(  ˘ω˘ ) -3

スマートフォンのガラスフィルム

スマートフォンは液晶そのものがタッチパネルなので、何かしらの保護が必要です。
最近のガラスは硬度が高く、殆ど傷が付かないとはいえ安心感の為にも貼りたいと思う人は多いのではないでしょうか。
自分はあまりフィルムを貼りたくないタイプなのですが、暫く使っているとなんだかんだ傷がついてきてフィルムを貼りたくなります。

さて、透明度や感触を考えるとガラスフィルムが良いと思うのですが量販店等で売っているものはあまりにも高いと感じることが多いです。
そこで最近見つけたオススメのメーカーがあったのでメモ代わりにblogに書き残しておこうと思います。

それがこれ、DOSMUNGのガラスフィルムです。

日本だとAmazon限定で販売しているようですが、2枚で699円と日本製の1枚数千円のガラスフィルムに比べて1/5程度の価格で購入できます。

梱包もしっかりしています。


画面洗浄用のアルコール、拭き取り用の布、ホコリ取り用のシールもちゃんと付属。

実際に貼っても問題ないです。
ガラスの品質も特に問題があるようには思えませんし、良い商品だと思います。

他にもiPad用のガラスフィルム、Switch用、Galaxy用など様々な商品があります。
ストックしておいても良い商品だと思います( ´▽`)

ドキュメントスキャナ

仕事で名刺や書類をスキャンし、パソコン等に保存する必要がある機会がある人は多いと思いますが、ドキュメントスキャナが如何に小さくなったとはいえ持ち歩くのは辛いものがあります。

そこで、最近自分が使っているアプリがとても便利です。
AdobeのAdobe Scanなのですが、若干傾いていても書類を自動認識してPDF化してくれます。
勿論複数ページもOK、共有方法もメールや各種オンラインストレージにアップロードも可です。
素晴らしいのは、その場でOCRを掛けるので即文字検索が出来ることです。つまりテキストのコピペも出来ます。

名刺の整理にも効果を発揮するし、レシートや領収書の整理にも便利。
iOS、Android共に対応しているので、気になる人はチェックしてみると良いかも( ´▽`)

Adobe Scan

Adobe Scan
開発元:Adobe
無料
posted with アプリーチ

MacでAndroid端末をUSBテザリングする方法

先日仕事の都合から2台目の回線端末を用意する事になったのですが、どうせならAndroidにしようと思い、値段も手頃だったHuaweiのP8 liteにしました。
モバイルルーターを兼ねて貰おうと思い、まあWiFiでも良いのですが個人的にはデータのロスを出来るだけ抑えたいのでUSB接続でデザリングしようと思いました。

が、出来ない。

何でや、何でや……( ´・ω・`)
説明書にはUSBで有線接続すればそのままルーターになるって書いてあるのに何でや……
設定でもUSBテザリングをオンにしてるのに何故……

と暫く頭を悩ませていたのですが、考えてみればMac側にドライバがないのでは……と思いつきネットの情報をさらってみたら果たしてその通り、ドライバを導入しなければMacはAndroid機器でUSBテザリング出来ないとのこと。
開発者オプションにRNDISの項目があるンだから、そこからドライバ入れろよともっと早く気付くべきでした。

と言うわけで早速ドライバを導入。
Joshua WiseさんのサイトからHoRNDISをダウンロードしてインストール、Macを再起動してUSB接続すると……
無事認識されました( ´▽`)

元々使っているiPhoneでテザリングしても良いのですが、回線は複数合った方が安心ですし、そもそも使えるはずの機能が使えないってのはシャクですw
いやいや、良かった良かった(*´ v `)

あ、Windowsはデフォルトでドライバが入ってます。
XPは入って無いそうですが、今更要らないと思うので説明は省かんとす。

日記のような雑記