「web」カテゴリーアーカイブ

あらわしについて書きました

mitokさんにまた記事を書かせて頂きました。

今回はサマーウォーズのあらわしについて書いてます。

「サマーウォーズの「あらわし」衝突エネルギーを計算してみたら……陣内家はどうやっても全滅不可避?」
http://mitok.info/?p=98365

再突入体が殺る気勢過ぎるンですよね、アレw

CMS

最近仕事で使ったり、自分のサイトの管理に使い始めたCMS。
正式にはContent Management Systemの略で、ウェブコンテンツを構成するテキストや画像などのデジタルコンテンツを統合・体系的に管理し、配信など必要な処理を行うシステムの総称です。
いちいちエディタやFTPソフトを使わずにサイトを構成することが可能で、とても便利です。
自分が触ったものだと、Baser CMSEC-CUBEなんかがありますが、それぞれ導入しやすく、かつ見栄えの良いサイトが作成できます(癖もあるので、ハマると頭を悩ませるハメになりますが……)。
考えてみればWordPressMovable Typeなんかも、CMSですね(このblogはWordPress)。
Twitterやfacebookなど、テキストや画像を用意するだけで容易にコミニュケーションを取れるSNSは便利ではあるのですが自由度が低く、発信できる情報が限られてしまう為、やりたい事が決まっている人は自分のレジュメとしての意味合いを持たせる意味でも独自のサイトを持っていた方が良い気がします。
そういう人にお勧めです。

欠点としてはphpの知識が必要な事で、こればっかりは仕方ないと思いますが、しかしHTMLの基本的なことさえ分かっていれば応用が利きまくるので比較的誰でも使い始めることは簡単だと思います。
ネットに情報がとても多く公開されていますし、本を買わずにほぼ独学でどうにか出来てしまうと思います。調べて勉強する努力は、必要ですが(笑

さて、情報が公開されているのは良いのですが、何故か意地悪したがる人はいるもので、ソースを公開してくれているのは良いのですが故意にバグを挟んでくる人がいます。
これはある程度ソースコードが読める人は良いと思うのですが、自分でやってみたいからと勉強を始めたばかりの人は相当に混乱しますし、そこでやる気を無くしてしまう可能性もあるので止めた方が良いと思うのです。
しかし、Web製作を生業としている人もいるので、自分でやられちゃ困るから故意にそういう事をやるのかもしれません。
実際、自分が参考にしたサイトの中には製作会社のページがあったのですが、故意にバグが仕込まれており弩ハマりしました。

昔から、ネットの情報は玉石混淆なので見極めが必要ですが、後人を育てることも大事、だと思うのです。
意地悪をする人が少なくなると良いなあ( ´・ω・`)

いやしかし、自分が初めてネットに繋いだ頃からすると相当に情報発信が容易になり、デザインもしやすくなりました。
自分はとほほのHTML入門を読んで泣きそうになりながらテキストエディタでサイトを作り(今でも見に行く事がある)、途中からDreamWeaverを導入し、blogにmovable typeを導入したり色々やって来ましたが、今はCMSだけで良いのか……良い時代になりました(・`д・´)✨️

さよならSANNET

10年の長きにわたって愛用してきたSANNETですが、先日の接続トラブルに引き続きネットの不安定が問題となり解約することにしました。
楽天に関わった企業は苦労する、と聞いたことがありますが、傘下となったSANNETは……
これが、ストレス・マーケティングか( ´・ω・`)

暫くはInterLinkで繋ぎつつISPを探そうと思いますが、結局はPPPoEの終端装置がボトルネックとなるため地域毎なんとも言えない速度差が出てしまうので苦労しそうです。

先日、会社の店舗へplalaを導入しましたが、以前は駄目回線の代名詞とすら言われていたのに回線が非常に安定しており、色々見直してしまいました(笑
InfoValleyとか、どうなのかなー(・        ω         ・)

ストレス・マーケティング

Twitterには書いていたのですが、良い機会なのであらためてまとめておこうかと思います。

今回SANNETのログインサーバーに何らかの障害が発生し、48時間以上にわたってネットに接続出来ない状態が続きました。
SANNETは10年程前から愛用してきましたが、数年前に楽天が親会社になって以来、どうも怪しくなってきました。
勿論、企業として利益を追求するのは常識ですが、いくらなんでもそれはないだろうという事が多くなり、遂に数日に渡り接続すら出来ないという状況に陥り、状況を確認しようとサイトを確認すると原因、状況の説明等がほぼ無いという状態でした。
昨日には修理対応され、ネットに接続出来るようになったのですが、どうも回線速度が安定しません。

最悪だったのは、その状況で謝罪の言葉が系されることもなくこの広告↓がデカデカと掲載され続けたことです。
Twitterやその他サイトでは楽天による工作ではないかと噂している人もいましたが、まあそうではないにせよこれは無いだろうと思います。
サーバー障害の原因が何にせよ、ネットに繋がらない状況で親会社が堂々と広告を載せる神経が分かりません。

もしくは、これはマーケティングなのではないかと思うと納得出来ます。
極端ですが、ユーザーを苛立たせ、必要以上に追い込むことで用意された逃げ口へと誘導するマーケティング……これをストレス・マーケティングと呼称しようと思います。

これが楽天のマーケティングでないにせよ、親会社として何やってんだとなりますし、信用度がガタ落ちです。
元々ありませんが(笑

しかしストレス・マーケティング(Stress Marketing)……面白い言葉だ。
子会社を吸収した親会社が顧客を吸い上げるのに使いそう(笑

Personal Blocklistが優秀

irairaWebの世界では広告収益がサイト維持のメインなところもあるので広告はある程度必要だと思うのですが、いくらなんでもそれはないだろう、というサイトも多く見かけます。
俗に言うところのアフィリうめぇwwwサイトがその代表格で、広告を載せたいのかニュースを中心とした記事を載せたいのか分からないサイトが多数有ります。

自分はブックマークを共有出来る関係からGoogle Chromeを愛用しているのですが、以前はAd Blockというプラグインをしていました。
しかし、素材系サイトではこういったコンテンツブロッカーと相性の悪いサイトも多く、その度にオフにしていたのですが、思わぬ落とし穴もあったりしたので削除しました。

というのも、Google謹製のもっとグレイトなものが出たからなのですが。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-04-18-37-24それがコレ、Personal Blocklistです。

Google Chromeにしか対応していませんし、最初はブロックするサイトも登録されていません。
しかし、このプラグインの便利さは使い続けることにあります。
このサイトは嘘情報ばっかりなので表示して欲しくない、とか、ここの広告はいくらなんでも酷すぎるので表示して欲しくない、とか、そもそも検索結果に出さない、といった事が出来ます。

ネットが高速化したことで、広告のサイズや種類も豊富になり、中には勝手に動画を再生する最悪なものも出てきました。
従量課金制回線ではどんどん容量を食いつぶしますし、勝手に動画が再生されることで音が鳴ったり、良いことは一つも無いです。ネットがよく分からないユーザーを食い物にするような、こういった広告を提案する広告代理店には天罰が下れば良いと思います。

例えばGizmodoですが、
gizmodo001画面の1/3近くを広告が埋め尽くすという酷さです。
しかも動画が自動再生されるとは、言語道断です(#`・ω´・)

今回はHot pepperなので、これをブロックしてしまいましょう。
Googleの検索結果で、
hotpepperPersonal Blocklistをインストールすると表示されるブロックをクリック。
これでまずは検索結果に表示されなくなります。

更に……
gizmodo002関連した広告も消えました!
正義は成された……(`・ω・ ´)

残したい広告、消えて良い広告を個人で選択出来るのがPersonal Blocklistの良いところです。
PCでネットサーフィンをする方に、オススメのプラグインですね、コレは( ´▽`)

baserCMSで外部blogのタイトル等を取得する方法

baserCMSで外部blogのタイトル等を取得出来ないかと頭を悩ませていたのですが、寝る前にふと普通にRSSを読み込んで表示させればええやないかと思いついたのでやってみたところ、出来てしまったのでメモがてら。

ONZEさンのサイトを参考に、トップページに以下のコードを組み込んでみました。

<?php
$rss = simplexml_load_file(‘feed(RSS)のURL’);
echo ‘<ul>’;
foreach($rss->channel->item as $item){
$title = $item->title;
$date = date(“Y. n. j.”, strtotime($item->pubDate));
$link = $item->link;
$description = mb_strimwidth (strip_tags($item->description), 0 , 0, ” ” , “utf-8″);
?>
<li><a href=”<?php echo $link; ?>” target=”_blank”>
<span class=”date”><?php echo $date; ?></span>
<span class=”title”><?php echo $title; ?></span>
<span class=”text”><?php echo $description; ?></span>
</a></li>
<?php } echo ‘</ul>’; ?>

あとはWordPressのrss側の設定で自分が表示させたい数だけ出力するようにすれば、任意の数を取得して表示させることが出来ます(`・ω・ ´)

明後日?そんな先のことは分からない。

amazon

Amazonは日本企業では無いので日本に税金が落ちず、問題だと言われても便利なものは便利です。
とはいえ、都内に住んでいるならば最近はヨドバシ.comが大変便利になってきているので、各企業はもっと競争して頂きたいところです。

さて、そんなAmazonがちょっと前に始めたAmazonビデオのサービスが大変素晴らしく、オリジナルのドラマ等もあって見応えがあります。
Amazon Primeの会員であれば無料で見られることもあり、Top Gearの続編と言えるThe Grand Tour仮面ライダーアマゾンズといったオリジナル番組は出来もとても良く、楽しませて貰っています。

そんな中、最近装甲騎兵ボトムズがPrimeビデオに追加されてしまったもので、作業中BGVがもうえらいことに。
高橋良輔監督の漢っ臭い台詞やら次回予告やらに久々に打ちのめされてます。いやあ、やっぱり好きだわボトムズ。

たまには、火薬の臭いを嗅ぐのも悪くない。

flashとHTML5

flashhtml5

動画サイトでもいよいよflashが駆逐され始め、HTML5へと移行しつつあります。
比較すると、17〜20%程HTML5の方が省電化できるそうですが、多くのサイトではいまだflashを使用しています。

これは今まで使ってきた既存のシステムを利用したいからという運営サイドの意図もあるかと思いますが、サーバー負荷や利便性を考えればHTML5の方が有利です。
最近ではAdobeもflash敗北宣言、Google Chromeはflashの互換性にバグが見られるようになってきました(Google傘下のYoutubeも既にHTML5へと移行していますし)。
niconico動画ですらflashからHTML5へと移行しつつあり、NetflixやAmazon VideoもHTML5選択。
だというのに、huluはいまだflashを使用しています。

自分は見たい番組によってAmazon Videoとhuluを使い分けていますが、huluにトラブルが増えてきて少々問題気味です。
早いところ移行して欲しいものですが……

flashとHTML5がPCにどれだけ負荷を掛けるか、自分のPCで確認してみたい方はniconico動画の通常版とβ版として公開されているHTML5版とで動画を再生し、CPUとGPUの使用率を比較してみると分かりやすいと思います。

Skypeの劣化

SkypeがMSに買収されて以来劣化の一途を辿っているのですが、数日前のアップデートで遂にLive Messengerと完全統合されました。

skype_20160328
うーんこれは……本当に酷い劣化。
通信形態がP2Pから中央サーバー型になった時点で諦め気味でしたが、これでは名前を変えただけのMSN Messengerです。

Live Messengerを使っている知人友人は既にほぼいないので、これは……