「Photoshop」カテゴリーアーカイブ

Photoshop CS6のトラブル

CCにする意味を感じていないので長らくCS6を愛用しているのですが、El Capitan上でPhotoshop CS6を使用する際に微妙に止まったり(特に画像書き出しの際)、Wacomのタブレットを使用しているとショートカットの反応が怪しくなる事があるのは古いアプリケーションなので仕方ないと思っていました。
ところが、簡単に解決する手段があったと今更知ったので覚書を兼ねてまとめておかんとす。

まずは後者の問題、英語入力をUSにするだけで解決すると一応以前から分かっていたのですがそれでも希にショートカットが怪しくなることがあります。
そこで対応策として登場するのがWhiteWindowWorkaround.pluginです。

https://helpx.adobe.com/jp/photoshop/kb/cq03060049.html

Adobeの公式プラグインです。
DL、解凍し、Macintosh HD/App/Adobe Photoshop CS6/Plug-insのフォルダへ放り込むだけです。

次に前者の問題。
これもAdobeが解決用プラグインを提供しています、OSXCompatibility.pluginです。

https://helpx.adobe.com/jp/photoshop/kb/cq10051645.html

これも前者と同様にプラグインフォルダへ放り込むだけです。
更に、

Photoshopの環境設定→パフォーマンス→グラフィックプロセッサーの詳細設定で描画モードを標準か基本とし、OpenCLの使用のチェックを外すと相当快適になります。

まだ暫くPhotoshop CS6を使い倒したいという人はいると思いますが色々とやれることをやって快適に使っていきたいものですにゃー( ´▽`)

Yosemite上でのPhotoshop CS6トラブル

ここ暫く頭を悩ませていたYosemite上でのPhotoshop CS6の動作トラブル、色々調べたり検証した結果解決しました。
なんだったろう……この期間というものは……という感じです。

さて、まずはFを押して全画面表示にしたり、ウィンドウを移動した時に変な位置に移動したりする問題。
desktop20150311.png例えばウチはこういう環境なので、画面設定も設定も当然縦にします。
スクリーンショット 2015-03-11 23.47.22.png ……が、コレが良くなかった。
横並びにしたらそれら問題が解決しました。
スクリーンショット 2015-03-11 23.47.09.png

それから、これは人に寄るらしいんですがショートカットが突如動作しなくなり、一度別のアプリケーションに移動するなどしないと復旧しないトラブル(直接クリックすれば問題は無かったが)。
これはプラグイン一つで解決しました。

原因はWacom製タブレットらしく、Adobe側で対策用プラグインが用意されていました。
https://helpx.adobe.com/jp/photoshop/kb/cq03060049.html
案内に沿って対応すればショート関係のトラブルが解決しました。

やれやれ、とんだ落とし穴だった(;= д =) -3
Photoshopが本当に快適になりました。

今まで誤魔化し誤魔化し使ってたのは何だったのか……(´・ω・`)

ついでに。
iMacなんかだとGPUメモリが512MBだったりするんですが(ウチみたいなMid 2011とか)、Yosemiteだと結構な量をOS側が占有するらしく、動作がおかしくなることがあります。
その場合は、

環境設定>パフォーマンス>グラフィックプロセッサーの設定>詳細設定>描画モード

の設定を標準か基本にすると動作が安定するようです。
スクリーンショット 2015-03-12 0.28.25.png